スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた卒業延期
3月2日(火)

前回胎児後頸部浮腫の疑いがあり、祈るような気持ちで診察でした。
しかしながら、今回は内診の時点ではっきりと頸部浮腫があるってわたしにもわかりました。ミリ数をはかっていると2.1~2.9くらい。あ~今日も卒業はできないんだろうな~とわかりました。

ただ赤ちゃんは5日前より1cmちかく大きくなっており生命力を感じました。

診察で先生に「もう1回きてもらわなければならない。現時点では危険水準とされる値ではないけど、これが11Wのときになくなっているか、大きくなっているかで紹介先をえらばなければならない。」
私「何ミリでしたか?」
先生「2.5くらい」
私「大きくなる可能性って高いんですか?」
先生「なくなっていくひともいれば、大きくなる人もいる。11W超えたところで判断したほうがいい。転院先はどうするつもり?」
私「もし大学病院でなら●●大学病院と思っていました。大丈夫ですか?」
先生「そこだったら大丈夫やとおもうよ。まあまだ若いし、NT値でどうこう思わなくていいけど、次回の数値で水準以上なら羊水検査したほうがいいでしょう」

とのこと。なかなか一筋縄ではいかないものです。赤ちゃんはなかなか私に安心させてくれません。いろいろネットで頸部浮腫をしらべ、そこまで悲観的になる必要はないかもしれないとわかってはいるものの、悪い予後の人の記事をみたりすると不安に駆られます。

母や旦那もなんの根拠かわかりませんが「大丈夫やとおもうよ~。徹底的に検査してもらうのって逆に考えたらいいことじゃない」とのんきです。

あれこれ考えても仕方ないです。次の検査結果がなんでもないことをただ祈ることしか私にはできません。赤ちゃんにはなにもしてあげることができない無力さを感じます。
どうか次回の結果がいい結果でありますように。神様お願いします。赤ちゃんを守ってください。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ひろとん

Author:ひろとん
妊娠出産をめざす32歳です。仕事もフルで頑張っています。結婚2年目2008年6月から新橋夢クリニックで治療中です。

2007年10月 KLCにて治療開始フェマーラで自然妊娠を目指す
2度化学流産を経験
2008年6月 新橋夢クリニックに転院
2008年7月 初採卵
2008年8月 HR周期で移植目指すも移植日に卵が融解失敗し移植できず
2008年12月 採卵し、移植に向けて準備中
2009年1月 移植→陽性反応
2か月の安静期間を経て、現在仕事と両立して9月への出産に向けて生活しています。

元気で丈夫な赤ちゃんを無事産むことができるよう祈る毎日です

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。