スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移植日D13 BT0
1月7日(水) 移植当日

移植予定日でした。今日は本当にいろいろなことが起こり正直ぐったりですが、記録忘れてしまわぬよう残します。
大パニックの一日だったので、長くなっちゃいます。
AM6時起床
AM8時少し前到着
AM8時少し過ぎ 採血
AM10時位に先生の診察(本当にひさびさに院長先生)

胚盤胞移植決定 「5日目胚盤胞と6日目胚盤胞なので5日目を戻す。もし回復がわるければ6日目を戻すことになる」とのことその後薬の説明→看護婦さんからの説明(12時15分に戻ってくるよう言われる)

血液結果
E2157、P4:0.6 ,FSH:1.7,HCG:0
外出:喫茶店で読書→ごはんを食べに

その後本当にいやな思いをさせられました。前回と同じことが起こってしまったのです・・・・

PM12時に病院に帰る
PM12時30分くらいから培養師さんとの話が開始。
だけど待てどくらせど私の番が回ってきません。2回ぐらい培養師さんが席をはずし、その後2時過ぎまで戻ってこなかったのですが、私の他にもまだ呼ばれていない人がいたので「大丈夫って信じよう」と思っていました。2時15分くらいに培養師さんがこられて、別の方の番号を呼ばれました。ドキドキしながら次だろうと待っていましたが、また培養師さんが席をはずしました。私は結局呼ばれませんでした。ぜったいこれ何かある・・・そう思うといてもたってもいられず受付の方に「移植予定だがまだ培養師さんから話がない」と訴えたところ、培養師さんが説明に来てくれるとのことでした。

そこから培養師さんとの話がはじまりました(とはいえ、カルテすら持っておられなかったのでこれは絶対もう駄目なんだって確信しました)

培「116時間で凍結できた5日目胚盤胞ですが、時間がたっても膨らんでこないのでしばらく時間をおいて見ていましたが、回復しないとおもわれるため現在6日目の方を融解し始めました
私「前回もまったく同じで回復せず移植中止になりました。何でおんなじことが2回もおこるのですか?融解成功率は97%なんですよね?」
培「もしかしたら卵が融解に耐えにくいのかもしれないが、卵は1つ1つ違うから一概に私からとれた卵が融解に耐えれないとはいえなので、134時間で凍結できた卵の戻りを見てみましょう
私「絶句・・・言葉がでてきませんでした

そのごしばらくまっている間に旦那に電話しました。旦那が電話にでたとたん嗚咽している自分がいました
私「今回も移植できないかもしれない。っていうか絶対移植できない。よかったほうの卵が前回みたいにしんじゃってるんだって・・・・。今もう一つの卵をとかしてるみたいだけど、たぶん絶対戻らないと思う」
旦「大丈夫だよ。もうひとつ待とう。大丈夫大丈夫。(声は沈みがちでしたし、どちらかとうと私を心配している感じでした)。とにかく待とう!!」
私「わかった。でもまただめだと思う
旦「・・・。ダメでも大丈夫」
私「ごめん。また電話するね

電話をきったとたん朝から妹と旦那にメールで連絡を取り合っていたせいか電源がきれてしまいました。
何を考えていたのか、携帯を充電しなきゃってことばかり頭に浮かび、外にでて充電機を買いに泣きながら出て行きました。どうせ融解できない・・・そう決めつけていました。(完全に取り乱していました)

充電器を買ってかえったところ、私の番号が3F問診室と出ていました。培養師さんが私を見つけるなり
良かった~。探しました」(ここでようやく自分の大パニックに気が付きました)
説明がはじまり「よかったです。この卵は回復順調ですよ。ほんとよかったです。(途中移植の説明)134時間、細胞数12個、大きさ220なので大きさも、細胞数も基準を満たしています。5Fに上がってください」とのこと。
私「でも、他の卵が戻りがよくないのならこの卵もあまり良くないってことですか?」
そんなことありません。さっきもいったように卵ひとつひとつ状態が違うんです。6日目なので妊娠率が5日目より10%位おちるっていうデータがありますが、40%~50%の妊娠率です。あ。あと、5日目のほうも少し回復してきているので明日の朝まで培養続けますので明日また電話ください。

とのこと。(えっ。5日目のものも死んでなかったんだ。私ほんとにネガティブシンキングだ・・・)

そして移植
超音波でみても中心線が見られませんでした。
院長「あれ?中心線がない。内膜は12mm、だけど中心線がない。まあ角度の問題か・・・、問題なし、移植始めます

そして卵がチューブから吸い上げられ、子宮の中に置かれました。(あまりはっきりわからなかったのですが、白く光っていました。
そのご超音波で再確認してもやはり中心線は見えませんでした。
院長「中心線見えない。ぼやぼやしてるなあ・・・ぶつぶつ・・・明日卵の再確認してね」以上終わり。

また問題発生?中心線見えないってどういうこと??(すごい不安ですが、もう考えても仕方ないので考えないようにします)

今日の移植胚ですが、
時間134時間、細胞数12、AH:あり、大きさ:220、グレード3でした。

DSCF1043_convert_20090107200910.jpg



病院をでたのが5時過ぎでした。ほんとうにいろいろあった1日でした。問題点続出で、正直期待は薄いかもしれません・・・
でも、今は移植ができてほんとうに良かったって心から思います。回復してくれた卵の生命力を信じようと思います。
そしておなかに赤ちゃんになる卵ちゃんを戻せた幸せで今は満たされています。本当にいろんなことがあった分、移植できるってすごいことなんだって改めて思い知らされ、移植ができた自分を幸せに思っています。結果はなるようにならないので1週間待ちます。

それにしても、私ってパニックになると変な行動をしてしまうんだって改めて実感した1日でした。反省。
旦那にはすぐに電話して、結果報告したら大喜びしていました。
移植がスタートなのに、移植できただけで大喜びする夫婦っていったいですが・・・
1週間後また現実に引き戻されるかもですが、しばし穏やかに過ごそうと思っています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

にほんブログ村 マタニティーブログへ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

NoTitle
移植お疲れ様です
せっかくの移植日なのに色々トラブルがあったみたいですね
でも無事に移植できたんだし、卵ちゃんを信じて過ごして下さいね
ところで・・・中心線って何ですか??

私も前の病院で移植日に卵ちゃんが回復しなかった事があったんです
あの時のショックと言ったらもう言葉に表せないですよね!

お疲れ様でした
NoTitle
ひろとんさん、移植お疲れ様でした^^

卵が回復せず、培養士さんに名前を呼ばれない辛さ・・・・
痛い程分かる・・・。
私も、ひろとんさんと同じで、二度経験してます。

「滅多に起こらない事なのに、なんで私は2回も?
私の卵達は、全部融解に耐えられない弱い卵なんじゃないの?」
って思ってしまいました^_^;

でも、次に融解した卵ちゃんは、無事に回復してくれたみたいで良かったです^^
そして5日目胚盤胞も回復を始めたみたいだし!

それにしても、内膜凄い!Σ(・ω・ノ)ノ!w
12ミリ!?
経験した事の無い厚さです!

どうか、今回の移植でよい結果がでますように!^^
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ひろとん

Author:ひろとん
妊娠出産をめざす32歳です。仕事もフルで頑張っています。結婚2年目2008年6月から新橋夢クリニックで治療中です。

2007年10月 KLCにて治療開始フェマーラで自然妊娠を目指す
2度化学流産を経験
2008年6月 新橋夢クリニックに転院
2008年7月 初採卵
2008年8月 HR周期で移植目指すも移植日に卵が融解失敗し移植できず
2008年12月 採卵し、移植に向けて準備中
2009年1月 移植→陽性反応
2か月の安静期間を経て、現在仕事と両立して9月への出産に向けて生活しています。

元気で丈夫な赤ちゃんを無事産むことができるよう祈る毎日です

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。