スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々あったけど卒業しました
3月6日(金) 11週0日

夢クリ通院日でした。いろいろありましたが本日卒業できました。移植から約2か月この日が迎えられるかどうか半信半疑の日々でしたが、ようやくこの日を迎えることができました。

今日は心臓が張り裂けそうなくらい緊張していました。指摘されていた頸部浮腫がどうか大きくなっていませんように・・・祈るような気持ちで内診台にのりました。

今日は正直赤ちゃんが遠くはっきりはみれなかったようですが、いろいろな場所から測定されましたが浮腫は見当たりませんでした。

先生「浮腫と思われるような所見はなく、胎児の問題は認められなかったから今日紹介ね。」
私「紹介先って大学病院のような大きな病院のほうがいいですか?」
先生「どこの病院にいくつもり」
私「◎●病院がいいんですが」
先生「いいと思うよ~。じゃあ郵送で送るね。」
で終わりでした。

この数日本当にいろんなことを考えましたし(ここには書けないようなことも・・・)不安で不安でいっぱい泣きました。その気持が強かったせいか、今日先生とお会いするのが最後でちゃんと挨拶しなきゃっていうことをすっかり忘れてしまっていました。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいなのに、もう一度ごあいさつする機会を作ってほしいし、とっても後悔してしまいました・・・

看護婦さんから例のお手紙、ピンクレター、ブルーレターをいただき「おめでとうございます。かわいい赤ちゃんを産んでください」といっていただけました。
看護婦さんには先生にいえなかったぶん丁寧にお礼を言うことができました。よかった。

きっと私は産むまでずっと不安につきまとわれてしまうんだろうと思います。親になるということは、想像以上に大変なことだと思います。特に浮腫の一件があって、本当にいろんなことを学ばしていただけたと思っています。

私自身、本格的な不妊治療はそう長くないのかもしれません。それでもいろいろ悩んだり、思うように治療が進まず泣けてきたりすることは多々ありました。それもきっと私にとっては人の気持ちを少しでも分かることができる人間にしてもらうための試練だったんだと思えるようになりました。そして一つの命を授けてもらうために先生や看護婦さん培養師さんいろんな人の力があって初めてできた命。そのことを忘れないよう、そしていつの日かわが子に、どれほどあなたの命が貴重であるのか話せる自分がいたら嬉しいです。

夢クリに通っていらっしゃるかた、そして不妊治療を頑張っている皆様にこうのとりがやってくることをお祈りしています。すべての皆様が幸せになれますように。

そして私はママになる日まで今まで以上に頑張っていこうと決意しております!ゴールはまだまだ先です。息切れしないよう頑張ります~
スポンサーサイト
またまた卒業延期
3月2日(火)

前回胎児後頸部浮腫の疑いがあり、祈るような気持ちで診察でした。
しかしながら、今回は内診の時点ではっきりと頸部浮腫があるってわたしにもわかりました。ミリ数をはかっていると2.1~2.9くらい。あ~今日も卒業はできないんだろうな~とわかりました。

ただ赤ちゃんは5日前より1cmちかく大きくなっており生命力を感じました。

診察で先生に「もう1回きてもらわなければならない。現時点では危険水準とされる値ではないけど、これが11Wのときになくなっているか、大きくなっているかで紹介先をえらばなければならない。」
私「何ミリでしたか?」
先生「2.5くらい」
私「大きくなる可能性って高いんですか?」
先生「なくなっていくひともいれば、大きくなる人もいる。11W超えたところで判断したほうがいい。転院先はどうするつもり?」
私「もし大学病院でなら●●大学病院と思っていました。大丈夫ですか?」
先生「そこだったら大丈夫やとおもうよ。まあまだ若いし、NT値でどうこう思わなくていいけど、次回の数値で水準以上なら羊水検査したほうがいいでしょう」

とのこと。なかなか一筋縄ではいかないものです。赤ちゃんはなかなか私に安心させてくれません。いろいろネットで頸部浮腫をしらべ、そこまで悲観的になる必要はないかもしれないとわかってはいるものの、悪い予後の人の記事をみたりすると不安に駆られます。

母や旦那もなんの根拠かわかりませんが「大丈夫やとおもうよ~。徹底的に検査してもらうのって逆に考えたらいいことじゃない」とのんきです。

あれこれ考えても仕方ないです。次の検査結果がなんでもないことをただ祈ることしか私にはできません。赤ちゃんにはなにもしてあげることができない無力さを感じます。
どうか次回の結果がいい結果でありますように。神様お願いします。赤ちゃんを守ってください。
卒業見送り 
2月25日(水) 夢クリ通院日 BT49 9W5D

相変わらずつわりの症状がつづいています。今日はうまくいけば紹介の日でしたが結論からいうと延期になりました。

まずは内診です。今日は手足をバタバタと元気よく動かしている赤ちゃんの姿が確認できほっとしていました。いろいろ測定されていましたが問題はきっとないだろうと勝手に思っていました。

そして診察
先生「今日紹介のよていやってんけど、今日は胎児のコンディションを正確に計測できなかったからもう一回来てほしい。まあ問題はおそらくないとおもうけど、胎児が斜め向きにしか映らなかったので、頸部浮腫を正確に測れなかった。またななめからみているので少し浮腫の厚みがみとめられる部分がある。今日はなんとも言えないから5日後また来てください」とのことでした。

う~ん。最後に来て問題出現です。ということで卒業は見送りになりました・・・
仕方ないけど不安です。どうか次回は赤ちゃんの頸部浮腫が発見されませんように。
ちなみに頸部浮腫の厚みについては正確なものでないので、なんとも言えないとのことでした。内診で計測しているのでは1.0mmあるかないかくらいでしたが

あ~心配。
心拍もホルモン値も胎児の大きさも問題はなさげです。

今日の結果
心拍185
E2:2287、P4:18.8
胎児の大きさ27mm
夢クリ通院日 BT39
2月15日(日) 夢クリ通院日 BT39日 8W2D

このところ一時期に比べるとつわりがだいぶ軽くなってきて、大丈夫かな~?と心配しながらの対韻でした。

結果はせんせいから肯定的なコメントがないためいいのかわかりませんが順調だと思われます。
先生より「次回胎児に何も問題がなければ紹介ね。もう薬は飲まなくていいですよ~」とのことでした。私は胎児に問題があるのかなあ?と少し不安になりましたが、特にこれ以上の発言はなかったので順調なんだろうと解釈しました。
看護婦さんからの説明もないので、プリントには次回紹介といわれたら転院先を予約するよう書いてあったので、産院の予約の準備を始めようと思います。

本日の結果
心拍:188
E2:1458、P4:12.5
胎児の大きさ:16.6mm、胎嚢の大きさ:39.9mm


まだ不安はあるのですが、赤ちゃんを信じて9月に必ずわが子とご対面したいと思っています。


夢クリ通院日 BT32
2月8日(日) 夢クリ通院日 BT32 7w2D

通院日でした。前回ほどではないですが今日も気持ち悪さに耐えながらの診察でした。このところつわりとおもわれる症状がきつく、つらい毎日を過ごしています。(吐きはしないので軽いほうだとおもいますが・・・)

今日はあっという間に内診でした。
そして診察もほとんどなんの会話もなく、潜血プラスやけどたいしたことないでしょうということと次回1週間後とのことでした。

今日もドキドキしましたが、順調に心拍伸びてくれてました。胎芽もよく見えました。

本日の結果
心拍:156
E2:860、P4:7.5
胎芽の大きさ:10.1mm、胎嚢の大きさ:31.9mm

どうか次回も順調に心拍のびてくれていますように。神様お願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ひろとん

Author:ひろとん
妊娠出産をめざす32歳です。仕事もフルで頑張っています。結婚2年目2008年6月から新橋夢クリニックで治療中です。

2007年10月 KLCにて治療開始フェマーラで自然妊娠を目指す
2度化学流産を経験
2008年6月 新橋夢クリニックに転院
2008年7月 初採卵
2008年8月 HR周期で移植目指すも移植日に卵が融解失敗し移植できず
2008年12月 採卵し、移植に向けて準備中
2009年1月 移植→陽性反応
2か月の安静期間を経て、現在仕事と両立して9月への出産に向けて生活しています。

元気で丈夫な赤ちゃんを無事産むことができるよう祈る毎日です

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。