スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産レポート
10月4日(日)

出産して11日経過しました。ようやく徐々にしもの傷も痛くて仕方ない状況から円座なしですわれるまでに回復しました。そうはいえどもまだ抜糸をすべてしていただけていなく、ひきつり感がありますし、退院後に婦人科外来を受診し、抜糸を数本と薬を処方されなんとかいまの状況になりつつあります。

さて、出産レポートですが、自分自身も忘れないうちに記載しておきたいと思います。

最後の検診(確か20日の土曜日)で先生から「あとは陣痛待ち、まあ連休中には生まれるでしょう」と言われたにも関わらず、連休があれよあれよと過ぎていきました。そん間、実家の両親が東京に上京してきたにもかかわらず、産まれる気配は全くなく・・・旦那と散歩に明け暮れる毎日。
連休の最終日前日に生まれそうもないので、連休最終日に両親を月島に連れて行ってもんじゃでも食べようかと話をし、そのまま就寝したところ、夜1時半過ぎにおなかの痛さで目が覚めました。
しばらくベットで痛みを感じていると旦那が気配に気づき起きてくれ、そこから陣痛の間隔を計るとすでに5分間隔でした。これは明らかに陣痛の痛みと感じ病院に連絡したところ、「この時間帯だともしかしたら陣痛が引いてしまうかもしれないけれど、破水している可能性もかんがえられるため一応病院に来てください」とのことで、タクシーを呼び病院入りしました。

病院に入ったのが2時過ぎ、そこから色々診察をしていただいたところ血圧が170/110位になっていました。様子を見ましょうと言われましたが、この時点でああきっと自然分娩はできなくって帝王切開になる可能性大と思っていました。旦那にも「もしかしたら帝王切開かも」と話をしていました。

そこからひたすら陣痛と格闘。陣痛の波は2分から3分おきにやってきて、すごい勢いで痛みが増してきました。そのたびに旦那に腰をさすってもらいながら一緒に「ヒッヒフー」を言い続けました。
陣痛の間旦那がそばにいてくれたことの感謝です。
この日お産が立て続けであり、あとから来る人来る人が分娩室に運ばれて行き、どんどん順番を抜かされて行くにも関わらず、まだ本格的なお産にはならないといわれ、陣痛室で旦那と二人ほったらかしにされてしまいました。

その後いきみたい間隔に襲われたのが11時半くらいで、助産師さんに分娩室に連れて行ってもらったのが12時位でした。助産師さんにはまだまだっぽそうだから旦那さんはご飯を食べにいってきてといわれ、旦那と離れ離れになってしまいました。

そこからが大変。骨盤が開ききっていないとすごく痛い大勢をとらされその姿勢で陣痛を何度もむかえて大声でもだえ苦しんでいましたが、ひとりぼっちで耐えなければいけなくってこのときが一番苦しかった気がします。

旦那が分娩室に入ってくれたのが1時半くらいだったのかそこからもなかなかお産がすすまなかったのですが、そろそろ私の苦しみ方が尋常でないとのことでようやくいきませてもらえましたが、まったくもって産道に赤ちゃんが降りてきてくれる様子もなく、先生や助産師さんたちもあせりだしたのか「血圧が高いので早く楽にさせてあげてあまりいきませたらいけない」とのことでそこからバタバタバタバタと看護婦さんや他の助産師さんが駆けつけてきて、いろんな処置をされました。
覚えているのは微弱陣痛(あの痛さで微弱陣痛とはなにごと??)より陣痛促進剤を注入され、子宮口を全開にさせるための筋弛緩剤をうたれ、信じられないくらいたくさん会陰切開をされ、吸引処置をし何度もいきみ、いきみの度におなかの上から人に乗られ押され、何度かいきんでいるうちに「もうちょっとがんばれ」と旦那が言った声とともに、「もっかい頑張っていきんで」といわれいきんだ瞬間赤ちゃんが外に出ていた様子です(でも私は半分意識を失っていたのか、赤ちゃんが出てくる瞬間や産声を覚えていないのです・・・)

旦那が「でてきたよ~でてきたよ~」と言った声がきこえたので、「赤ちゃんは泣いてる??」ときいたら「泣いてるよ~」と旦那。その瞬間赤ちゃんの泣き声がしっかり聞こえ、横で処置をされているわが子を見た瞬間涙が止まらなくなりました。
結局赤ちゃんが出てきたのは15時8分。
本格的なお産にはいってから1時間弱で生まれてきてくれたようですが、あとから助産師さんに聞いたところ「自然でうんでたらもっともっと時間がかかったし、あなたの体であの大きな子は自然では無理だっただろうね」と言われました。

助産師さんたちの「うわあ大きいわ~」などと言われている声を聞きながら縫合処置をされていましたが、これがまたいたいのなんの。切る個所が多かったせいか30分近く縫合処置に時間を要しぐったりでした。

だらだらと書きましたが、相当の難産であったことは確かなようです。
だけど、その苦しみはかわいいわが子をみていると不思議と忘れてしまいます。

今私の横で眠っているわが子を見て幸せな気持ちでいっぱいです。私をママにしてくれてありがとう。
私たちのもとに来てくれてありがとう。元気に生まれてくれてありがとう。
授かるのに苦労したけど、ママになれました。ママになる日までとおもいこのブログを作ってきましたが、これで一旦ブログは終了したいと思います。

わが子の健やかな成長を祈り、そして人の気持ちのわかる優しく強い女性に成長してほしい。そんな娘に育てる責任が私にはあるんですね。

新たな一歩を踏み出した私たち家族に幸あれ!!

不妊治療で頑張っている方、そして子供を産もうとされている方すべてのかたに幸せがやってきますように。
スポンサーサイト
無事出産、退院しました
9月28日

無事出産してきました。

9月23日の未明に産気付き、13時間の陣痛のすえ、15時8分に 3450グラムの女児を出産しました。

かなりの難産で出産は想像以上の大変さでした。私jの体からこんなビックベビーが生まれるのは相当困難だったようです。助産師さんたちにも、「そりゃ大変だったよー」と言われます。
会陰部をかなり大きく切開されたため座る姿勢が困難なため、落ち着いてから出産レポートします。
昨日無事退院してきました。

娘は想像以上に可愛く、幸せな気持ちで満たされています。

今日はまず円座をかわないと普通の生活をしばらくおくれそうもありません・・・・

妊婦検診
9月19日(土)

39週1日の妊婦検診でした。NSTも問題なく、体重もまだまだ増加している様子。赤ちゃんは3200グラム位になっているとのこと。
あまり大きくならないでと赤ちゃんに頼んでいますが、どんどん大きくなって測定事態きっちりできない模様。大腿骨の位置や、腹囲がまったく正確に測れなかった様子です。

ですので少し小さめに生まれてくるかもしれませんが、先生いわく2800グラム~3500グラムの間くらいで生まれてくるのではなかろうかとのことでした。

内診では子宮口2センチ開いているようで、卵膜剥離もされました。痛かった~。
そして現在おしるしがきています。

先生はこの連休中におそらく生まれるでしょうとのことですが、ほんとかな??生まれる気配は全くありません。
この頃の色々と妊婦検診
9月14日(月) 38週3日

この頃、お腹が張りやすい割に色々と出歩いています。
先週は母親学級で知り合った方にランチに誘われ、近くのカフェで5時間くらいねばってしゃべりまくっていました。しかしながら、彼女は私の旦那様の会社の方。家庭事情を話しすぎたと後から後悔しております。出会いや結婚に至った過程や、家での生活模様や、私の過去の彼のこととか色々きかれてついついベラベラしゃべってしまいましたが、よく考えたら旦那様の知り合いに知られてしまうかも・・いやはや失敗。でもそう変なことしゃべっていないからいいか~と今になったら開き直っています。

そして週末は模様替えなどをしたくなり、アウトレットやIKEAにいったり旦那さまと動きまくっていました。どうやら家をきれいにしたくなったりするのは、臨月によくみられる精神的症状のようで「巣作り症候群」と呼ばれるものらしいです。
生活感あふれる我が家をすこしでもおしゃれにしたいと旦那と色々出歩いてしまいました。
しかしお腹が張る張る・・・立って歩いているときもキューとしたお腹のはりに悩まされました。

そして本日は遅めの夏休みをとっている旦那といっしょに38週の妊婦検診へ・・・
NSTでも張りが10分おきに認められている様子でした。赤ちゃんはいたって健康ですが、やはりよく眠るわが子。また無理やり起こされていました。そのさい看護婦さんにここがおしりだよーとか、大たい骨だよ~とか色々教えていただきました。

赤ちゃんは3010グラムになっている様子。子宮口は1.5センチ開いてきているようですがまだ赤ちゃんは下がり切っていない様子でした。
内診の痛みほんといやですが「これ耐えられなかったら陣痛たえれないよー」と先生にグリグリ。

まだ生まれそうな気配はなさげです。
陣痛!?
9月9日(水)

昨日の晩から生理痛のような感覚と異常な腰痛に悩まされ、もしやこれは陣痛と思いながら時間をすごしていると、その感覚が波のように押し寄せてくるため、時間をはかると10分間隔になるではないですか!!

これは陣痛だと思い、準備したり、お風呂にはいったりしていたら痛みの波の間隔がながくなり、ああ前駆陣痛だったんだ~と思い眠りにはいりました。
しかしまったく寝付けない・・・

4時位からまた痛みが波のようにおそってきたため、こんどこそ陣痛かもと間隔を計り始めたら10分~5分おきに張りの波がくるため午前5時に病院に電話したところ、「痛みがもう少し強くなるまでまってみましょうか?」と言われました。

その後も10分間隔で張りと生理痛のような痛み腰痛がおそってくるため7時に電話すると「まだ声に余裕があるみたいだから、もしご飯がべれるようならご飯食べて外来受診してもいいよー。それまでにつよくなるようだったら直接ナースステーションに来てもらってもいいけど」といわれたため全然ご飯食べる余裕はあったためご飯をたべ朝一外来に向かいました。

NSTをつけたところ張りは1回のみみとめられ、おまけに子宮口も指一本くらいしかまだひらいていないとのことで「帰宅してください」とのこと。

ショックです。陣痛の見分けもつかないなんて・・・・おまけに旦那まで会社を休ますはめになり・・・

おおかみ少年のようになりそうです。陣痛ってわかるものなんでしょうか??
前駆陣痛とのみわけなんてつけれない・・・次連絡するのも勇気がいりそうです。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ひろとん
妊娠出産をめざす32歳です。仕事もフルで頑張っています。結婚2年目2008年6月から新橋夢クリニックで治療中です。

2007年10月 KLCにて治療開始フェマーラで自然妊娠を目指す
2度化学流産を経験
2008年6月 新橋夢クリニックに転院
2008年7月 初採卵
2008年8月 HR周期で移植目指すも移植日に卵が融解失敗し移植できず
2008年12月 採卵し、移植に向けて準備中
2009年1月 移植→陽性反応
2か月の安静期間を経て、現在仕事と両立して9月への出産に向けて生活しています。

元気で丈夫な赤ちゃんを無事産むことができるよう祈る毎日です

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。